iPhone買取おすすめ|iPhone4,4s,5などスマホの買取はどこが一番高い?

MENU

iPhoneが壊れた?修理と対処法

 

iPhone画面割れ ガラズ交換修理

 

 iPhone修理の中で一番多いとされているのはこの画面割れです。iPhoneの魅力でもあるデジタイザーはちょっとした不注意で割れてしまう事が多いのです。

 

 

 主な原因としては落下が原因なのですが、画面に負荷がかかってしまって割れてしまう事もあります。

 

 

 この画面割れはAppleCare Protection Planに入っていても有償での修理になってしまいます。

 

このガラス割れの修理価格はアップルストアだと新品に交換で22,800円の費用がかかってしまいます。

 

 

 ちょっとしたヒビくらいであればそのまま使用出来ますし、見た目だけなので修理に出さなくてもいいのですが、22,800円まではさすがに費用はかけるほどでもないと言う方も多いでしょう。

 

 しかし、多少のひび割れもそのままにしておくとひびも広がっていく場合があります。

 

 何よりも怖いのが水やホコリが入ったりしてしまい、余計な部分まで壊れてしまう事もあります。

 

なるべく早めに修理に出す事をおすすめします。

 

画面割れiPhoneの修理おすすめはこちら

 

iPhoneを水に落とした 水没した時の対処法

 

 

 よくある携帯水没。トイレに・・・落とす女子達は非常に多いみたいです。スマホやiPhoneの場合、ストラップなどは付けない事が多いのでポケットに入れておいてもスルッと落ちる事が多いのです。

 

 

 ちょっとした不注意の落下であれば、まだ小傷程度で済むこともよくあるのですが、トイレやその他様々なケースによって水没した場合はどのようにしたら良いのでしょうか?

 

 

 水没してしまった場合、全損扱いで交換22,800円の費用はかかりますが、一番気をつけて欲しい事があります。

 

 

 iPhoneの中に水没チェックシールというのが貼られているのですが、iPhoneが水没してしまうとチェックシールが赤く変色してしまいます。

 

 

 アップルストアでボームボタンやマナーボタンが外れたという場合、その他修理などで持って行った場合でも、チェックマークが赤くなっていると水没が原因で故障したと判断されてしまいます。

 

 

全損扱いで交換22,800円の費用がかかります。

 

 その水没チェックシールはドッグコネクタ付近に1ヶ所、イヤホン付近に1ヶ所、ロジックボードの上に2ヶ所、合計4ヶ所あります。

 

中の2つは普通の方は確認は難しいのですが、入り口の2ヶ所は濡れると水没するとすぐに赤くなるのですぐにわかります。

 

 水没によってバックライトが急に明るくなったり、バッテリーの消耗が早い、ホームボタンが効かなくなったり、カメラが使えない、時計がズレたりします。
もちろん充電ができなくなったり、バックライトにも不具合が生じることがあります。

 

 そして一番最悪なのが、データが消去してしまう場合がありますので気をつけましょう。

 

 

  対処法としてはすぐに電源を切ってSIMカードを抜きましょう。

 

完全に乾くまで数日間放置して乾燥させる事が大事です。

 

 

完全に乾いていない状態で電源を入れてしまう事でショートして壊れる可能性があります。

 

 

 運が良ければ乾いた後に、今まで通りそのまま使用する事も出来る場合があります。

 

 

乾かす方法としてドライヤーでじっくりと乾かす方法が一番です。極端に熱風を当て過ぎないようにしてください。

 

 

 完全に乾燥させて電源をいれないと、ショートしてしまい液晶に線が入ったり、カメラが使えなかったり、データが消去してしまう場合がありますので、完全に乾かしてしまいましょう。

 

 

 真水ではなく海などで落としてしまった場合は、乾燥させたあと使える場合は一度修理業者などに依頼してクリーニングしてもらう方が安心でしょう。

 

 

ホームボタン交換修理

 

 最近iPhoneのホームボタンのききが悪い。

 

 iPhoneやスマホのホームボタンは非常に大事なボタンですが、壊れてしまうとこまっちゃいますよね?結構この症状は起こってしまうみたいで非常に多いようです。

 

 

落としたり水没が発端となり、その衝撃や接触不良などによってボタンが反応しなくなります。

 

 

 その原因として、ソフトウエアとハードウエアの故障が考えられます。
ボタンのセンサー接触不良やセンサー経路の故障、水没やほこりなどが原因のハードウエアの故障。

 

 

 ソフトウエアのメモリが少なくなっている、ホームボタンのセンサー信号が反応していないことや、アプリの相性による不具合などが考えられます。

 

 そんな時は素人にはまず原因はわかりませんので、アップルストアに持って行くと良いでしょう。

 

修理になるとアップルストアは高い場合がありますので、修理の原因や金額など聞いて修理業者を利用するのも一つの手だと思います。

 

 

充電出来ない?どうしたらいいの?

 

 

 iPhoneを使用する上で充電は必要不可欠だと思いますが、充電が出来なくなってしまった場合はどのように対処すれば良いでしょうか?

 

 

 iPhoneが充電出来ない。パソコンに繋いでも認識されない。一瞬だったら充電出来るが、角度を変えるとすぐにできなくなってしまう。

 

 

 そんなときはドッグコネクターに原因があると考えられます。

 

 

 充電やパソコンに繋ぐコネクタ部分やボイスレコーダーの集音マイク、着信音や音楽のスピーカーにも原因がある事が考えられます。
落下の衝撃や湿気、ホコリなどで簡単に壊れてしまう事がありますので、一度綿棒のようなもので軽く掃除してみましょう。

 

 

また充電ケーブルかアダプタにも原因がある事が考えられます。

 

 アダプタはあまり故障の原因も少ないのですが、ケーブルの接触が悪い事も考えられます。

 

 そんな時は違うUSBケーブルなどを試してみましょう。もしくは違うiPhoneを接続してみて充電出来れば、ケーブルは悪くなく、iPhoneに原因があると考えられるでしょう。

 

 別のiPhoneがない場合、お友達もiPhone使っている人がいない場合、アップルストアやソフトバンクなどに持っていくと何らか原因がわかると思います。

 

 故障の原因はさまざまですし、そのほかにもハードウエアやソフトウエアなどトラブルによって対処法も違ってきますが、

 

 一番重要なことはiPhoneケースに入れて丁寧に使用する事が一番だと思います。

 

iPhoneの修理おすすめはこちら

 

 

iPhone買取ランキング